一般社団法人設立のための条件

一般社団法人設立のために整えなければならない条件についてご説明致します。

一般社団法人は、条件さえ整えれば、登記申請によって誰でも設立できます。その設立条件についてご説明いたします。

1.名称中に「一般社団法人」という文字を使用します。

例えば 「あおぞら一般社団法人」のように、法人名を前に持ってきても、「一般社団法人あおぞら」のように後に持ってきても構いません。 ただし名称中に「一般社団法人 公益あおぞら」などと他の形態の法人と誤認されるような名称を使うことはできません。

2.定款を作る必要があります。

設立時社員が定款をつくり、公証人役場で定款の認証を受ける必要があります。

定款とは、会社の最も重要な規則を定めた、いわば会社の憲法ともいわれるものです。会社を設立するには必ずこの定款が必要になります。

公証役場とは、公証人が定款の認証などを行う役場のことで全国にあります。

3.登記の必要があります

主たる事務所を管轄する法務局で設立登記申請をする必要があります。

4.最低2人以上の社員が必要です。

設立時社員は最低2人、つまり夫婦2人でも設立可能ということになります。

5.役員として理事を1人以上置く必要があります。

社員以外に役員として、理事を1人以上置く必要があります。 ただし大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の部の合計額が200億円以上)の場合は、理事会を設置する必要があります。理事会は〔理事(3人以上)、監事(1人以上)、会計監査人(1人以上)〕で構成されます。